詩​:​暮亜。 曲​:​生ネギ 詠​:​GUMI - 第伍話・箱入りの造花

from by NewEraSound

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

      $0.99 USD  or more

     

lyrics

そっと長い道を通り抜け
ここまで何回たどるの
「はじめて」だよと
知らないという言葉で
上手く誤魔化す
過去を弔うようなふりで
ただ自分を守り続けて
見せてあげる
色も顔も限られたもの
水面に浮かぶ 花弁ひとつ
その手で潰す
ありふれた眼差しで築く
目の前の砂の城を
永遠に消えることもなく
有り続けるしかできない
この瞬間に見えてきた僕は
誰の顔して笑ってる?
それとも何もないままで
語り続ける
やるせない思いの行方は
地を這い川へ流れ込む
優しい手つきで
忘却を招いて
また繰り返す
今日も響いている産声が
どこかの明日と死んでゆく
面影探し求めても
剥がれてしまう
黴つくような夢うつつ
その目を閉じる
在り来りな姿で
何回目の邂逅を演じている
慈しむように紅を引いて
失われた日を貪る
眺められる快感を覚えて
密やかに噛み潰す
会いたいとお別れとまたねと
ずっと同じもの
ほら
似ていることだとわかってる
覚めることなく
またここで出逢う

credits

from 昔話(Tales), released May 30, 2015

tags

license

all rights reserved

about

NewEraSound Beijing, China

contact / help

Contact NewEraSound

Streaming and
Download help